お水、軟水?硬水?

先日、お水を頂きました。
シェルウォーターと云うことで、貝殻等のミネラルを含んだ地層から採られたのだそうです。

なので、今日はお水についてちょっと書いてみようと思います。

ご存知の方も多いでしょうが、お水には軟水と硬水があります。
水1リットル中に含まれる「カルシウムイオン」と「マグネシウムイオン」の量を表す硬度と呼ばれる単位で分けられています。

分類基準は国によって変わってくるようですが、WHO(世界保健機関)での定義は
軟水 60㎎/L未満
中程度の硬水 60㎎/L~120㎎/L
硬水 120㎎/L~180㎎/L
非常な硬水 180㎎/L以上
となっています。

ちなみに日本の水は沖縄の一部地域を除いて、ほとんどが軟水です。
軟水は口当たりが柔らかく、さっぱりしています。
緑茶を入れると色や風味が出やすく、旨味成分を引き出し易いなど、煮炊きの多い和食料理に適していると言えます。
日本独自の出汁文化を育んで来たのは この水のお陰と言えるでしょう。
出汁はダイエットにも大いに役立ちます。
塩分を減らし、出汁に含まれるミネラル等を摂る事で身体の中から健康になりますね。

ダイエットの大敵、便秘改善には硬水が効果的です。
朝、冷たい中程度以上の硬水を500ミリリットル程度飲む習慣をつけましょう。初めはコップ1杯から始めると良いでしょう。腸の働きを活発にして、自然なお通じを促します。

また、肉料理を多く食べる人はミネラル不足になりやすいので硬水をお薦めします。

こんな風にミネラルウォーターを選ぶ時は使用途に合わせてみてはいかがでしょうか?

人間が1日に摂って良い水量の限度は3リットルまでです。
それ以上摂ると逆に喉の渇きを感じたり、不必要な水分を外に出そうとムダなエネルギーを使う事になります。

身体に大切な水も正しく摂らないと、逆効果になってしまいますので、お気を付け下さいね。