選択されているタグ : 白砂糖

タグを絞り込む : てんさい糖 アドレナリン イライラ インスリン ケーキ ダイエット ハチミツ 白い粉 砂糖 脂肪 血糖値 麻薬 黒砂糖

砂糖断ちのススメ ー白砂糖は『白い粉』!?ー

こんにちは♪
石川県白山市 北陽小学校そばの耳つぼダイエット専門店『スリムアイランド・白山店』田村です。


先日 家族の誕生日でした。
昨年はおから入りのケーキを自作したのですが、
今年はお店で誕生日ケーキを購入しました。

甘味を抑えてあって、とっても食べやすかったです(#^^#)
久々のケーキを満喫♪



・・・でも
その後 異様な眠気に襲われてしまいました('Д')


目が開かない、というよりは 
脳そのものが ぼんやりして機能しない という感覚。


今日は 「白い粉」の事を書きたいと思います。


「白い粉」といってすぐに浮かぶのは何でしょう?


覚せい剤とか麻薬とか
怖いものが浮かびませんか?


白い粉は 体にとってダメなものですよね。


実は
白砂糖も麻薬に似た性質があるのです((+_+))


砂糖を摂ると
その時は「甘くて幸せ~♪」な気持ちなり、
砂糖が切れると
イライラしたり 怒りっぽくなったりした経験ありませんか?

イライラする
  ↓
甘いものを摂る
  ↓
イライラがおさまる(ように見えるだけですが。)
  ↓
しばらくすると
またイライラ
  ↓
甘いもの

・・・・と、
次々 どんどん 甘いものがほしくなります。
甘いものが辞められなくなります。

それから
甘さに慣れてくるため
初めのころの甘さでは足りず
どんどん甘さが強いものがほしくなります。



まさに麻薬と似た性質ですよね。


白砂糖を摂ると血糖値が急上昇します。
すると、血糖値を下げようとインスリンが大量分泌。
大量のインスリンによって低血糖が起きやすくなる。

今度は血糖値を上昇させようと
アドレナリンが放出。

アドレナリンは興奮した時に出るホルモンです。

アドレナリンが出すぎると
思考力が下がり
集中力がなくなり
短気で 切れやすくなるそうです。


教師をしていた頃
「思考力・集中力のない子」
「イライラして キレやすい子」
よく話題に上がっていた言葉です。

私 個人の意見ですが
もしかすると そういう子どもたちには
白砂糖の影響があったのでは?!と思います。



いずれにせよ
白砂糖は
体にも心にも脳にも
良いことはありません。


甘味には
ハチミツ
黒砂糖
てんさい糖など
体に優しいものを選びましょう♪




長くなってしまいましたが
最後まで読んで下さり
ありがとうございました!


プロフィール

田村 望

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

タグ