選択されているタグ : 生理痛

タグを絞り込む : ダイエット ホルモンバランス 倦怠感 更年期障害 生理不順

更年期や生理不順でお悩みの方

前回のブログhttp://mimitsubo-hakusyo.com/amare/entry-151.html
に関連して、今回は更年期障害と生理不順に効果のある栄養素をご紹介します。


フェニルアラニン
必須アミノ酸のひとつで、タンパク質中に広く分布していますが量は少ないです。
あらゆる代謝に必要不可欠で更年期障害・生理不順に効果がある。


ビタミンB5 
ストレスに対する抵抗力をつけます。不足するとホルモンバランスを乱し生殖機能の障害につながります。


ビタミンB6
たんぱく質・脂肪の代謝、ビタミンB12の吸収促進、月経を調整するホルモンの生成に関与します。B6が不足すると貧血や月経前症候群の一因になります。


ビタミンC
ストレスにより急激に減少、コラーゲンの形成、鉄分の吸収、糖・アミノ酸・ホルモン・コレステロール・脂肪酸の代謝作用、毒素の解毒に役立ちます。


ビタミンE
抗酸化作用、ホルモンバランスの正常化。毛細血管を拡張し冷え性に有効で流産を防ぐ。


カルシウム
骨の強度維持、骨粗鬆症、骨折、腰痛予防に必須。


マグネシウム
カルシウム・カリウムの代謝に重要な働きをする。
体内の300種類以上の酵素の活性化に関与、不足すると冷え、動機、痙攣、不静脈の発症となる。


カリウム
神経組織と心臓の正常な働きに重要。欠乏すると筋肉減退、無気力、無表情、食欲不振が表れます。


亜鉛
ビタミンB群の吸収と働きに必要。


レシチン
細胞膜の主要構成物質、栄養の吸収、老廃物の排泄など生命の基礎となる代謝に関与、コレステロール値と中性脂肪を正常にする。

以上が更年期障害や生理不順の症状に効果のある栄養素です。
症状が強い方はこの栄養素を意識することが大切です。

ただし、栄養素もただやみくもに摂っても100%その効用があるというワケでもなく、やはり栄養バランスが重要なのです。

症状が気になる方は、1度ご相談ください。
カウンセリングでは、あなたの体に合ったサプリメントのとり方・食事指導もご提案させていただきます。いつでもご相談ください。

心よりお待ちしております。



プロフィール

AMARE アマーレ

最近のエントリー

アーカイブ

タグ