選択されているタグ : 外食

タグを絞り込む : 健康 割り箸 危険 薬品

外食はマイ箸を!!


割り箸の危険性

日本の外食産業のほとんどで割り箸は無料で提供されています。

割り箸の年間使用料は、250億膳!!

その97%が中国産です。

そしてこの割り箸は、食料品には輸入時に検査があるのに対して、工業製品のため検査がありません。

日本では中国産の割り箸が日常的に使用されているのが現状です。

実はこんな怖い例が報告されています。

「上海のレストランで食事をしていた一般客が、割り箸を澄んだスープに入れたら、瞬く間に濁ったことから、報告を受けた当局が割り箸を水槽に入れたら、元気に泳いでいた金魚がぷっかり浮かんできたそうです」(通信社中国特派員)

金魚が死んでしまうほどの毒性をもつ割り箸には、製造過程で強力な防カビ剤や見栄えを良くするための漂白剤等が大量に使用されています。

しかも、ほとんどが洗浄されずに出荷されているので人体に有害な薬品が付着したままなのです。

さらには中国の割り箸製造工場が汚すぎるという情報もあり、衛生面も心配です。

国産の割り箸は、スギやヒノキの間伐材で作られてきました。

定期的な間伐は、森林保護のためにも必要なのです。

「割り箸」のように日常的に「当たり前」のように使うものだからこそその危険性や衛生面の真実をしることも大切です。

とくに私たち日本人は、衛生面にとても気を遣いますよね。

だからこそ、ご自分の口から入る食べ物意外のものに意識をむけて国産の割り箸やマイ箸を使いましょう!


プロフィール

AMARE アマーレ

最近のエントリー

アーカイブ

タグ