選択されているタグ : 入浴

タグを絞り込む : ストレス解消 ダイエット 健康 冷え 引き締め 消費 痩せる 血行促進

驚きの入浴効果~パート3~


驚きの入浴効果~パート1~

驚きの入浴効果~パート2~に続いて本日は、最後に入浴の病気予防効果をお届けします。

前回までにお伝えしてきたように、入浴にはダイエット効果も美容効果もたくさんありますが、健康的な毎日を送るために1番気をつけたい「病気」にも効果があります。

入浴によって、筋肉や関節が重圧から開放することは前回お伝えしたとおりですが、
それによって腰痛、膝痛など痛みがある人は動作が容易になり、血行促進効果と相まって痛みや麻痺の治療につながります。

また、白血球の働きが、温熱効果やリラックス効果、血行促進効果により高められあらゆる病気の予防・改善に役立ちます。

入浴の温熱効果により、血栓を溶かすために備わっているプラスミンという酵素が増え、脳梗塞や心筋梗塞にかかりにくくなります。

新陳代謝も活発になりますし血液をきれいにすることにも繋がります。

更には消化・吸収活動も活発にするので健康によい適度な空腹力もつきますよ。

このように3回にわたって、毎日のお風呂効果がとても健康にも美容にも良いことをお伝えしてきました。

ただし、体力の低下している人は無理は禁物です。

すべての療法は、継続できること「気分がよい」と感じるお風呂タイムにすることです。

なにより、健康・美容にはストレスは大敵です。

ストレスを溜め込まないよう、毎日のお風呂タイム楽しんでご利用ください♪



入浴の驚きの効果~パート2~


前回の入浴の驚きの効果~パート1~に続いて本日も毎日の「入浴」タイムを無駄にしては損!!なのです!という情報を皆様にお伝えしていきます。

前回のブログでは入浴の「血行促進効果」と「引き締め」効果をお伝えしましたが今日は女性に特に嬉しい入浴の美容効果をお伝えします。

お風呂に入ると、冷えていた体がポカポカして体が温まりますよね。

入浴して体温が上昇してくると、皮脂腺から皮脂が分泌されます。

そうすると汗腺からの汗と混じって皮脂膜をつくり肌に潤いをもたらします。

お風呂で日中にかぶるホコリなどをきれいにしながら、毎回お肌も美容効果があるのです。

また、お風呂の「浮力」による体重軽減効果もあります。

湯船に体を沈めると体重は通常時の10分の1以下になります。

これにより足腰の筋肉をはじめ、体の関節や筋肉が重圧から解放され心身のリラックスが得られます。

1日の終わりにお風呂に入ることで、その日の疲れをとってストレス解消効果に役立ちます。

疲れがたまってくると、お肌の調子も表情も下がり目になってしまいます。

手軽に毎日続けられる「お風呂美容法」皆様も今日からスタートしてみませんか?


入浴の驚きの効果~パート1~

冷えが気になる季節になりました。

寒い日が続きますが、お元気にお過ごしでしょうか?

気温もグンっと下がり、体が冷えるな~と感じる方も多いと思います。

体を温める食べ物(以前のブログ)でもご紹介したように、体を冷やさない食事はもちろん、毎日の生活習慣に一つ工夫をするだけで冷え予防はできます。

皆様、入浴タイムはどのようにされてますか?

入浴効果は驚く程の健康効果があるのです

今日はその中からいくつかの効果をご紹介します。

第1の効果に温熱による血管拡張作用により血行が促進されます。

このことから筋肉や内臓への酸素や栄養分の補給が増し腎臓や肺からの老廃物の排泄効果が促されます。

むくみやすい方、夕方足がパンパンで重だるい方、ぜひ入浴時間を見直してみる価値ありですよ!

第2の効果に、静水圧による引き締め効果です。

肩まで体を温水に沈めた場合、湯の水圧(静水圧)は500キロちかくにもなります。
これにより胸囲は2~3センチ、ウエストは3~5センチも引き締まります!


この静水圧は、血管やリンパ管を圧迫して血行やリンパ液の循環をよくし全身の代謝を活発にします。

このとき下半身の腎臓の血流も良くなり排尿量が増えるため、「水毒」が改善され
むくみや冷えが改善されます。

ダイエット効果と冷え予防に一石二鳥の入浴を、毎日適当に済ませるのはもったいないのです!!

次回も驚きの入浴効果をまだまだお伝えしていきますね。

今日から少し汗がじんわりにじむまで、ゆっくり湯船に浸かってみてはいかがですか?

毛穴が開くと、リラックス効果も期待できますから1日に疲れをお風呂ですべて流してみてください。



プロフィール

AMARE アマーレ

最近のエントリー

アーカイブ

タグ